池田亀鑑は、明治29年12月9日厳父宏文慈母とらの子として神戸上に生まれる。
幾多の困苦と欠乏に耐え、よく努力し鳥取師範を経て東京高等師範に学び東京帝国大学文学部国文科を卒業する。女子学習院、第一高等学校、二松学舎、慶応義塾、早稲田、帝国女子専門学校、東洋等各大学の講師又は助教授。大正大学、東京大学の教授等を歴任し、昭和22年には文学博士号を授与される。中古古典文学、特に源氏物語の研究においては斯界の第一人者と称せられ、爾後の指針とされた。

 著書は源氏物語大成全8巻他多数。毎日学術奨励賞、朝日文化賞等を受賞する。昭和31年12月19日病を得て東京に没す。行年60才。その悲報に衝撃を受けた厳父宏文氏も同日逝去される。池田亀鑑のふるさと神戸上への想いは随筆集「花を折る」等で熱く述べられている。尚文学碑は、昭和43年12月9日建立除幕された。

池田亀鑑文学碑を守る会

 
 









 
 
 
トップページ 池田亀鑑とは 関連書籍紹介 お問い合わせ
  趣旨・経緯   利用規約
  募集・選定概要   プライバシーポリシー
  授賞式概要    
  選考委員紹介    
 
Copyright © 池田亀鑑文学碑を守る会 All Right Reserved.